世界のあらゆる嘘(オカルト)を探求する!黒塚アキラのプロフィールを是非ご覧ください。
人気記事ランキング&最新記事黒塚アキラへお問い合わせ

【地獄の無職体験】金運上昇や開運を狙って「トイレ掃除」を信じても願望は叶わない。

掃除と片付け
この記事は約13分で読めます。

成功法則に依存せずに、当たり前のことをやる。

社会人として掃除は当たり前。開運に期待しない!

 

黒塚アキラ
黒塚アキラ

こんにちは、黒塚アキラ(@free_happy_life)です。「トイレ掃除で開運」を知った頃は真面目に掃除してました(笑)だけど根本的な部分をはき違えていたので、最終的には最低な結果を迎えました。これも経験

 

新しい開運法則を見つけては実験してみての繰り返し。

その時だけはうまくいってると一時的に感じるだけ。

結局何をしても変わらない現実。

かつての私はそんな人間でした。

だけど、もう変わらなくちゃ。

現実を変えてくれる都合の良い開運法なんて無い。

スピリチュアルコンテンツとして十分振り回されました。

 

 

本日の内容は以下の通り。

・「トイレ掃除」で開運が出来ると妄信していた失敗を語る。
・掃除が開運を呼び込むのではなく、現実に対する自分の性格で決まる。
・日頃の態度が悪いから掃除しても開運するわけない!(大失敗)

 

あの時の妄信、過信、態度、行動、失敗、後悔・・・

10年くらい前の話ですが、未だに強く覚えている地獄の体験談です。

それでは、お話しします。

「トイレ掃除」に強く願っても願望は叶わなかった。

 

長年の疑問
トイレ掃除など各種開運法で願望が叶っている報告は多数ある。
でも自分は叶っていないのはナゼ?

 

ずっと疑問でした。

世間では、毎日トイレ掃除をすると「臨時収入を得た!」「素敵な異性との出会いがあった!」「宝くじ高額当選!」等の嬉しい事が舞い込むようです。

だけど私には特にない

 

 

必死に掃除してもお金を得られることは無かったし、その後人間関係が壊され実家に戻り、仕事も見つからず2年間無職。

20代半ばの貴重な2年間を無職で過ごさざるを得なくなりました。

これほど過酷なしっぺ返しは無い!地獄です。

貴重な時間を奪われることが何よりも痛手です。

 

 

ちなみに、黒塚アキラのトイレ掃除法はかなり神経質(笑)

・トイレした後はティッシュで軽く拭く。
・トイレの蓋も閉める。
・掃除の際は壁・タンク・トイレの裏側・床まで毎日きっちり。
・最後に漂白剤をかけて放置してから流す。
・トイレの水が流れる所や、便器内も掃除。
・盛り塩もやってた記憶が・・・(笑)

 

あの頃、毎日入念に慎重に掃除しまくってました。

「ここまでしっかりやれば、きっと報われるはず!」

「開運を狙って何が悪いんだ!」と逆ギレしてました。

 

 

掃除をするだけで開運するなら全員幸せになれるはず。

だけど大多数の人が幸せになっていない現実。

いつもそうです。

新しい成功法則を見つけても、叶わない。何も変わらない。

「どうして自分だけが・・・」と思ってました。

 

トイレ掃除に関する他の記事もご覧ください。

願望が叶わないのは自分のせい?掃除の方法?

「トイレ掃除では願いは叶わない」と書いている人はかなり多く、きっと私と同じような体験を得たはずです。

そこで、「トイレ掃除で願いは叶う?」と検索で入力してみました。

 

 

既にその道を通ってきた方の言葉をお借りすると、

・「見返りを求めない」
・「楽しむこと」
・「強く願いすぎると叶わない」

とありました。

引き寄せの法則と似ている部分があります。

トイレ掃除の技術的な部分での話ではなさそう(笑)

 

 

じゃあ問題は余計な下心が原因か?

実際叶ってないから逆に依存心を深めてしまいました。

 

 

今振り返ったら、なぜこんな簡単な事実に気づかなかったのか。

掃除だけで人間関係も金銭面も変わるんだったら、苦労しない。

そんな裏技的な世渡り術があるわけない。

仕事に真面目に取り組みながら自己の人格を磨く作業を、どうしてもっと早く出来なかったのか。

【地獄の体験談】人間関係が壊され、実家に戻るも地元に仕事が無く2年間無職。

 

トイレ掃除のおかげで人間関係が良かった?

それは気のせいでした。

高揚感はほんのわずかな期間。

肝心の自己研鑽が出来ていなければ、自分の態度・発言であっという間に崩壊します。

 

 

10年前の当時はまだmixiが人気で、ようやくTwitterが流行り始めました。

地元に仕事が無かったので都会に出て一人暮らし開始。

当時はまだ仕事への意識が低く、社会で生きることに慣れていない頃。

働きたくないので職業訓練を受けました。

 

 

職業訓練には色んな人間が集まります。

リストラ直後、高校卒業した学生、海外進出のための一時しのぎ、などなど・・・

最初の頃だけは割と頑張って人間関係を作れていたと感じます。

色々と訳アリのメンバーなので、すぐに打ち解けました。

だけどその中で一人異質な人が。

 

 

リアルでは結構話すのに、なぜかmixiでは私をブロックする変わり者・・・

その割に私の部屋に泊まる人(笑)

私を嫌いなのかどうかもよくわからない、ちょっとメンヘラ気質な子

 

 

その人によって人間関係が崩壊し、都会進出から1年足らずで地元に帰ることになりました。

最後は家賃を払えるほどの生活力も持てませんでした。

 

 

私がもっと仕事を熱心に探そうとしていれば。

もっと自分自身に自信があれば。

確固たる中身があれば。

将来に対しての危機感があれば。

 

 

色んな後悔がありましたが、一度地元に帰ってしまったらなかなか都会に戻れません。

ろくに仕事が無い地元に戻れば就活地獄

 

 

書類や面接でことごとく落とされ、

PCで履歴書を作ったら即日落とされ、

片道二時間半かけて出かけても面接10分で落とされ、

泣くまで説教されて泣いても説教され、

そんな会社をあちこち受けても結局浮かれない。

結局2年間も無職の日々を過ごしました。

 

 

お金が無ければ何も成し遂げることが出来ません。

2年間で何をしたか、特に覚えてないです(笑)

この時からブログを始めていましたが、熱意もなければ収入も得られず。

貴重な若さと時間を無駄にした2年間でした。

「トイレ掃除開運法」はどんな制裁を下したか?

自分の人生に対して無気力であれば、何も掴めません。

毒親の影響で自己肯定感がかなり低かったのは否めませんが、100%ではありません。

 

 

人生へかける情熱・若さ・仕事への気力・お金を稼ぐ体力・自己肯定感・・・

何より時間を無駄に奪われたことが最大の制裁でしょう。

これ以上の制裁は他に無いはず!

「トイレ掃除なんかに心を奪われるからこうなるんだ」という私への罰です。

もう十分です。疲れました。

 

 

2年間の無職期間ののち、仕事が無いのでリゾートバイトを始めました。

(リゾバの件は別ブログでじっくり報告しています。)

 

 

その結果、どうなったか?

地獄は終わりません。

イジメ・悪口・小汚い寮・栄養失調・薄給激務など・・・

仕事が無いだけでこんなに苦しみました(笑)

まだ投稿してないだけで他にもまだたくさんあります。

 

リゾバ体験談は随時投稿中。

 

 

地獄の体験談はまだまだありますので、是非別ブログでお楽しみください。

これらの地獄のリゾバが終わったのは、ストレスで蕁麻疹や軽いうつ状態に陥ったからです。

 

 

もう辞めてくれ・・・!(笑)

徹底的に苦しんだあの時代には絶対戻りたくない。

人生の主導権を握れるようになってきたのは、30代に入ってからです。

開運法にすがる余裕なんて無いほど、仕事に没頭できるようになりました。

 

【収穫】掃除習慣で自分の心が磨かれることは確実。

 

あくまで「願いは自分自身の心で叶える」という事です。

深みにはまりすぎると願望実現テクニック収集癖がつきます。

 

地獄を体験した身で言いますが、トイレ掃除で性格が鍛え直されるのも事実。

開運法に依存せずリラックスして掃除をするべきでした。

時間をかけて、ようやく掃除が楽しくなっています(笑)

一通り底辺地獄を体験して地に足着く感覚が理解できました。

掃除は思考・行動・空間を切り替える手段であることには違いありません。

 

掃除は確かに現実を変える。

 

また、誰もやりたがらない掃除を率先して行うことで社会性や整理整頓術、観察眼、仕事を効率よく終わらせる方法が身につきます。

確かに掃除力は仕事力をアップします。

決して悪いことばかりではありませんでした。

あの頃は本当に辛くて毎日精神的に病んでいましたが、だからこその「今」が本当にありがたいです。

【まとめ】日々の仕事に没頭しながら自分を磨くのが近道。

 

「地に足着けて行動する」。

 

たったこれだけの事実に気づくことが難しかったのです。

物心ついた時からのオカルト探求心は、自分の身を一度滅ぼしました。

私の探求心はこれからどこに行くのか?

どこに連れていこうとしているのか?

到達点は未だに見えませんが、一つの大きな山を越えたことには違いないです。

 

 

だけどもうこんなくだらない事に時間と体力を使いたくありません。

掃除は日々の習慣・仕事術程度の認識で。

開運要素と考えて依存するとしっぺ返しの現実に直面します。

そもそも、人生を変えるのに流行りの開運法・流行りの本に飛びつくことが間違いですね。

それすらも気づきませんでした(笑)

 

 

堂々巡りでくだらない現実を呼び込んでしまわないように。

悲劇のヒロインのストーリーはもう必要ありません!

スピリチュアル開運法に依存するとこうなる、という見本です。

 

 

今回の記事を是非何度も繰り返し読んでください。

あまりにも無様な人生経験を見て知って、「絶対こうはなりたくない」と思っていただけたら幸いです。

 

 

掃除と開運に関する人気記事はこちら!
開運法に頼ろうとせず、自分で自分の意識改革を行う!

 

 

ここまで記事を読んでくださってありがとうございました!




 

タイトルとURLをコピーしました