人間の想念と憎しみが現実を創り、神は不調和は創り給わない。

脳細胞に想念が定着すると、現実がその通りに起きる。

無智は罪。不調和を生み出す連鎖を断ち切ろう。

 

黒塚アキラ
こんにちは、黒塚アキラ(@free_happy_life@Akurozuka2)です。連日に「ヒマラヤ聖者の生活探求」に関する記事を投稿しています。目から鱗の情報が満載なので、是非皆さんにも知ってもらいたい。私たちに与えられた肉体を大切にしよう。

 

 

「ヒマラヤ聖者の生活探求」でイエスキリストは聖書・宇宙観地獄・悪魔・神について著者の調査団一行に語りました。さらに、聖者たちは自由自在に超能力を使い、病気を治す術も心得ているらしいです。

 

 

 

人間はどうやって病気になり、どうやって病気を治すことが出来るんでしょうか?

 

コロナ茶番に気づいたいま、ワクチンや薬より人間本来の肉体の力に気づく方がよっぽど科学的に思えます。逆に医学の方が魔術的・オカルト的な印象に思えてきました。

 

 

「病を治す力は、物事をその根源にまで遡って見究めるようになれて、初めて自分のものにすることが出来ます。不調和が神から来るものではないということが分かった程度に応じて、不調和の克服が出来るのです。」

 

「あなた方の運命を形造る神は、何も陶工が粘土でも細工するように外からあなた方を細工するような強者ではなく、あなた方自身の中と周囲、及びすべての質料(Substance)の周囲と中とに在る強大なる神聖な力であって、それはあなた方のものであり、意のままにそれを使うことができます。

 

このことが悟れなければ、自分自身に対する自信は出て来ません。不調和に対する最大の癒しは、不調和は神から来るものではなく、神はそのようなものは、創り給わぬと知ることです。」

 

 

つまり、病気は自分自身の不調和から来るものであるということ。神が罰を与えているわけじゃない、という意味にとれます。

 

自分の日頃の考えが現実をつくる、という法則は自己啓発業界・精神世界業界では当たり前のように流れていますが、それはある意味真実であったと気づかされます。

 

 

しかし不調和が発生する仕組みは、医学で考えられている常識よりはるかに科学的。実は自分の身体は自分で完全にコントロール可能。だから聖者は自由自在に病気や盲目を治せる技術を持ってるんですね。

 

 

 

そんな私は、本日も一気に断捨離しました(笑)ブログ運営の縮小(別ブログの記事)に続き、大量に家電を回収してもらいました。環境の不調和から断ち切らなければ、自分の身体の調和を適切に管理することすら出来ません。身の回りで出来るところから始めています。

 

 

 

ちょっとした臨時収入になれば嬉しいけど、無くても全然かまわない。むしろスッキリしています。生活の根本的な見直しから始め、和服生活を開始して洋服を断捨離。カントン水で生体機能を回復させる。逆に出費と時間がかかってますが、何の後悔もありません。

 

 

お金や待遇を求めていた頃より、調和と平穏を求める今の生活の方がずっと楽しいです。ブログで世界の真実や歴史について考え、「ヒマラヤ聖者の生活探求」を読みふける時間が非常に濃厚で満足しています。

 

世界の真実や真の歴史を探究したい。

目次 1 世界の歴史・常識は改竄されていると知った以上、動かなくては。1.1 支配層は「特別な能力の開花」を恐れている。私達が目覚めて立ち向かおう。1.2 マトリックスを […]

目次 1 善悪の二元論に惑わされるな。結局嘘だから。1.1 光も闇も全部嘘。我々はあまりにも多くの物事を隠され続けている!1.2 世間の一般常識・学校の知識・TVの報道・ […]

目次 1 これを見てもまだ「地上は平ら」を信じられない?1.1 「地球」より「フラットアース」の証拠の方が圧倒的に多い。1.2 陰謀論じゃないよ!「フラットアース」が馬鹿 […]

目次 1 フラットアーサー兼キリスト者として、日々自己研鑽中。1.1 真のクリスチャンとして生きる知恵を聖書から得ています。1.2 【ユジンの放送】フラットアーサーとして […]

 

今日も「ヒマラヤ聖者の生活探求」の続きから。

 

 

陰謀論や悪魔崇拝の知識を追いかけているだけでは生活は何も変わりません。私達は人間の身体の可能性や潜在能力についてあまりにも多くの事実を隠されています。

 

徹底的に隠して洗脳させ病気を引き起こし、最終的に病院に通わせるのが目的なら、真実は自分の中にしか存在しないと考えるべきです。

 

 

災害・災厄・事件・戦争は想念が引き起こす。

調査隊の隊員が、聖者に質問をしました。病気治癒から始まり、災害や戦争の話まで拡がっていきます。

 

さきほどの病気治癒に続いて、話は災害や事件にまで広がりました。人の想念は病気を作ることも出来るし、残酷な災害を生み出すことも可能なようです。

 

これが事実なら、私たちは即刻テレビを窓から投げ捨てるしかない(笑)

 

支配層による意図的な災害の演出が、人の想念を更に悪方向に向かわせているのかも知れません。不幸なことは一秒たりとも考えてはならないし、個人個人の考えが全体に影響を及ぼすということがよくわかりました。

 

想念(意)や言葉(口)や行為(身)の場合もこれと同じです。脳には選択技能のある細胞群があって、それに対応するヴァイブレーションをキャッチして記録する。このヴァイブレーションが繰り返し繰り返し放出されると、細胞はその働きを乱されない限りもとの通りにそれを再現する。

 

 

又この他にも、他の形体の放出する想念や行為、動作や像もヴァイブレーションを選択的に受取り、記録し定着することのできる脳細胞群がある。

 

これらのヴァイブレーションを再現し再放射することもできるし、又これらの形態や対象の言葉や動作、想念でさえも再現できるように細胞を調整することもできます。こういう細胞を通して、丁度自分自身同様に他の人の想念を支配して、その人を助けることもできる。

 

 

戦争、地震、洪水、火事その他、人類が代々蒙ってきている一切の災厄が起るのもこのような細胞の働きのためなのです。

 

例えば、誰かが或る事件の起きるのを見たり、或は起きていると想像するとしよう。

 

彼の脳細胞には彼の見た或は想像した事件に対応するヴァイブレーションが脳細胞に定着し、それが放送されて他の人の同じ脳細胞に印象され、それがまた更に跳ね返って、遂にはその事が定着して現実に起きてしまうことになるのです。

 

脳の細胞とは、松果体をあらわしているのだろうか?脳はまだ多くの事実が世間に解明されていません。間違いなく何か隠されているように感じます。不幸な災害や事故は何度も見ないのが重要ですね。

 

 

「ヒマラヤ聖者の生活探求」を読んでいると、世の中の真実は人間の肉体の中に保管されているような気がしてならないです。それを悟られないためにあらゆる洗脳や娯楽を仕込んで堕落させ、争わせているのでしょうか。

 

トンデモ陰謀論でありもしない妄想を膨らますな。

聖者は空間に映像を映し出す力も持っている!しかし著者一行はすっかり慣れた様子。誰も動揺しなくなりました。

 

人の想念はもっと美しく善いものを作り出せる潜在力を秘めているはずなのに、災害や病気を生み出すことに使われてしまっている。陰謀論は情報収集程度に留めて、絶対に脳に焼き付けてはいけません

 

 

どんな情報を脳に受け取らせるかはその人次第。なので、自称「善と悪の戦い」系の話題も見ない方が良いです。世界緊急放送なんて起こらないし、世界を救いに来てくれる銀河連盟なんてありません(笑)

 

 

自称「善」も自称「悪」も嘘っぱちで、お互いを争わせようとして更なる被害拡大や災害を生み出そうとしているはず。反聖書・反キリストの世界観をより一層強めてしまうだけで、負の連鎖に陥ってしまいます。

 

 

世界の悪化は私達が無意識にやってしまっていて、支配層のせいではありません。

 

支配層が大元であるのは間違いないですが・・・。ひとりひとりが想念と細胞関係、現実化の仕組みを管理できるようになれば怖いものはありません。

 

 

「これはみんな今の世界の有様です。地球上の大部分が一般的に平和で繁栄している様子がお分かりでしょう。それを掻き乱すものなく一体に幸福で、一応満足しています。

 

しかしその下には、人間自身の無智な考えから造りだされた不調和が窯の中で煮えたぎっています。

 

国家間には憎しみと不調和があります。人々はこれまでに地上にあった例(ためし)もない巨大な軍事施設を脳裡に描き始めています。

 

わたしどもとしては、善い事が出てくるように出来る限りのことをしているが、わたしどもの努力だけでは独裁の腹をきめている人達を支配するには不十分です。」

 

聖者たちだけの力だけでは、世界の悪化を止められない。止めるのは私達ひとりひとりの目覚めが必要。いまは重要な分岐点に立たされています。

 

 

毎日本当に辛い現実ばかりですがあえて無関心の姿勢を貫き続けるし、ニュースは見ないようにしています。ニュースに世界の真実は無いからです。

 

今まで抱えていたものを手放すための断捨離をしてブログを書いたり、「ヒマラヤ聖者の生活探求」を読んでいた方がまだ有意義(笑)

 

世界は神によって創造され、人の想念が現実を生み出し続ける。

日本人の宗教観と神への価値観は聖書と酷似している。神は全ての被造物に満ちている。

 

神は世界を作り、世界の全てに神性が現れています。「八百万の神」と言われる通り、全ての被造物に神を見ることが出来ます。ビッグバンで偶然出来た世界ではなく。神によって創られた世界。たったこれだけの事実でも胸が高鳴る思いがします。

 

 

日本人としての真の生き方は自然の中に表現されており、神と共に生きる生き方は過去に行っていたはず。例え歴史が消されていたとしても、文化が破壊されていたとしても、痕跡は確実に残っていて完全に削除することは出来ません。

 

「世界が作られた時から、目に見えない神の性質、つまり神の永遠の力と神性は被造物に現れており、これを通して神を知ることができます。従って、彼らには弁解の余地がありません。」

 

私はそんな生き方を実行する人間でありたいです。仙人みたいな(笑)いつか全ての歴史が解明されて欲しいなと真面目に考えているんですが、まだまだ情報が集まっていません。神を信じる生き方は始まったばかり、道のりは果てしなく長いです。

 

ひとりひとりが意識と行動を整えるだけで世界は変わる。

出来るところから始めよう。言葉・行動・意識を変えれば世界は変わる。

 

 

私達の現実は私達自身が作り出しています。肉体の細胞が現実を写し出すという聖者の発言には驚きましたが、実際支配層から洗脳や刷り込みが行われ災害や事件が起きているのは事実なので、完全には理解出来なくても納得できます。

 

 

実際にそれが真実なら、早急に自分の身体の使い方を変えなくてはなりません。「身・口・意を整える」という言葉はスピリチュアル業界で割と言われてますが、濫用されているだけで一番重要な真実なのかも知れないですね。

 

 

自分が出来るところから始めれば、きっと世界は変わっていくはず。聖者たちの働きがけだけでは世の中は動きません。

 

私たちに残されている時間は非常に少なくなっているのは確か。国民一人一人の力はわずかですが、一人でも多くの人が自分の想念の使い方について考えを改めるようなれば、きっと社会はよりよいものになっていくはずです。

 

 

自分の意識・言葉・行動を整えよう。私たちの肉体そのものが現実を映し出している。

 

ここまで記事を読んでくださってありがとうございました!




 

最新情報をチェックしよう!