Twitterとブログで現実改造&意識改革の魔法を発動させる!黒塚アキラのTwitterを是非ご覧ください。

【片付けの魔法】ときめきを頼りに!こんまり(近藤麻理恵)流の片付け・掃除で開運&理想の未来を引き寄せる!

掃除と片付け
この記事は約10分で読めます。

こんまり流の片付けは二度と散らからないって本当!?

「掃除で開運」ブームの火付け役!

こんにちは、黒塚アキラ(@free_happy_life)です。

近年は掃除が開運方法だと宣伝されるようになりましたが、そもそも部屋が汚い所で成功する人は見たことがありません(笑)

それだけ日頃の整理整頓は成功者にとって重要視されているみたいです。むしろ掃除を怠らなかったから成功したという見方もできます。

 

確かに部屋が散らかっている人はあんまり成功しそうな気配がしませんよね(笑)日頃の整理整頓は意識しています。なるべく不必要なものは処分して部屋をスッキリさせています。

日頃の掃除と整理整頓は徹底的に行いたいです。数日放っておくとすぐにゴミにあふれかえりそうですから(笑)

毎日徹底的に掃除をすることと、日頃からゴミになりそうなモノは買わないことですね。

 

開運方法はとにかく「捨てる」こと!

放っておくとドンドン不必要な物が溜まっていくもので、意識して捨てなければ物についていた思い出・負の感情も捨てられないのではと思います。

今までの片づけではただ単に物を捨てたかっただけだったんですが、意外な効果を自分で発見しました。

それからは周りが気になるようになり、いらない服やアレコレを捨てていってしまってます。いらない本も売りましたし。(教科書も売れば良かったですね。

 

 

でも生活する分には全く困っていないんです。無くても困りません。必要になったら、また新しくてキレイな物を買えば良いんですから。

この事実はとても重要で、生活に不必要な物って溜まりやすいんです。必要な物は毎日意識して使ってますから捨てる捨てないの問題じゃないんですが、不必要な物は意識の外にありますから。

部屋=潜在意識のあらわれというのはこういった意味なんですね。今ならよ~くわかります。

 

片づけて身軽になるのは単に物質的な意味だけではなく心も軽くする事ができると学びました。

一度片づけの快感を知ってしまったら、目につくものは本当に必要なのかどうか考える癖が身についてしまいます(笑)要らないと判断したものはこれからも即捨てていくようにします。

全体運アップのために床磨きの習慣もやっています。

普段自宅を掃除するときは、部屋のカーテンも洗濯して、窓ガラスも拭き・・・次は床を磨きます。

床磨きする時はお風呂の洗剤を使っています。定期的に磨くようにしています。

床磨きは全体運のアップだと言われていますしね。やるしかありません。というか、開運するかどうかに関わらず気になってしょうがないんです(笑)

一番汚れがたまるのは床しか考えられませんし。拭かずにはいられません。

 

 

一度自分で手をかけて掃除しないと気が済みません。時間をかけて床を磨くと本当に気分が良いものです。出来ることなら3日に一度とか、もっと頻繁にやりたいですね(笑)

今のところは2週間程に一度のペースで磨いています。

 

自分の部屋の中で掃除出来る所はどんどん掃除して、理想の空間を作っていきたいと思います。

 

ピカピカで整理整頓された部屋の中でゆったり過ごす時間はとても有意義なものになりますから。

こんまりの「人生がときめく片付けの魔法」は強力です!

今更ですが、近藤麻理恵さんの「人生がときめく片付けの魔法」を読みました。本当に今更感でいっぱいです(笑)

掃除・片付けで開運/成功を宣伝する本は無数に出版されているのに、この人の本を読んだことがありませんでした・・・。

むしろこの人からブームが起きたと言ってもいいくらいなのに。

 

 

学校の家庭科で裁縫や料理は勉強しても、片付けを教わったことはありません。それは人として当たり前のようになって省略されてきたのです。

 

 

ですが、本当に片付けが出来る人はごくわずかです。

収納して目に見えないスペースに追いやったりして余計ゴチャゴチャさせてしまいます。


 

掃除していても「ゴミ」が溜まる理由

読者の多くが掃除に感化され「よし、掃除だ!」と思って掃除を始めてもしばらくしたらまた散らかり、必要のないゴミが増えてしまいます。

「きちんとキレイに整理整頓された部屋が開運を呼び込むはずなのに・・・また掃除しなきゃ!」というループにハマってしまう人は少なくありません。

しかも多くの掃除系開運本では「すぐに散らかってしまう」対処法が説明されていません。これではまったく理想的な空間を手に入れることが出来なくなります。

 

だけど、こんまりさんのこの本にはその対処法がしっかり載っています。そこが他の開運掃除カウンセラー(?)とは一線を画します。

 

 

片付けても片付けてもゴミが溜まってしまう理由は、「トキメキを感じない物をわざわざ部屋に招き入れてしまうから」と。

トキメキ?何のこっちゃ?と思われそうな理由ですけれども意外と理にかなっていて、やっぱり本当に心の底から欲しいと思えるような自分の生活を輝かせるようなモノで無ければ、買ったとしてもすぐにゴミ化してしまうんです。

そんなこんまり式「片付け」に多くの人がハマり、大反響を起こすのは必然だったのかも知れません。

 

 

床が見えないほどゴミだらけの部屋も高級ホテルのスイートルームに変えてしまうような、そういう「片付け」が出来るようになれば、二度と片付けが必要無くなり、近い将来私達は本屋にあふれかえる「掃除本」を片付けられるかも知れません。

 

 

感想:こんまり流の片付け法をマスターして環境を整えたい。

 

 

ここまで記事を読んでくださってありがとうございました!

 



 


 



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました